私たちは、何故、「資格」を取得しようとするのか?

資格取得に向けて勉強するなら止めるべき習慣

>

「有資格者」のメリットとは何でしょう?

「資格」によって広がる職業の選択

「医師免許」のように「資格」ありきの「職業資格」や、また「弁護士免許」のように「資格」を目指して、その向こうにある「専門資格」に挑む方向性があるわけですが、その中には多岐多様な「資格」上に職業選択の可能性が存在しております。
勿論、学校の先生になってから「教員免許」を取得するようなことは出来ませんが、新たな「資格」取得によって、更なる職業選択の機会を得ることはこの国では容易な事であります。
そのような環境において、私たちはあらゆる可能性を共有することも出来、また模索する自由を有していると言えます。
そこには、かつて経験もしたことのことや領域または世界に挑む機会も得ることが出来、また現状の環境からステップ・アップすることも出来ます。

「資格」がもたらす報酬

「資格取得」はより良い報酬を得るための手段と考えることはとても合理的な考え方です。
どのような社会でも、人間の価値の評価というものは否めません。
「医師免許」や「弁護士免許」の「有資格者」が、万一、企業で採用され一般業務に就いていても、果してその「資格」で多大な報酬を望めるでしょうか?
創薬メーカーや医療機器メーカーで、またはM&Aや特許ビジネスではそのような「有資格者」を、一般社員と区別して、多額な報酬で雇い入れることもあるとは思いますが、普通、企業の経理部門の社員が、仮に「放射線管理主任」の「資格」を取得しても何ら意味はなく、もし「中小企業診断士」の「資格」を取得出来ればそれなりの報酬の増額が望めるかも知れません。


TOPへ戻る